普通の日記
日々の出来事を綴っていきます。高校時代に始めたこのブログ、今となってはたまに気が向いたら書く備忘録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更に、そういえば

2月にミラを手放し、次の日にはこの子が私の手元に来てました。
千葉_6800

どうしようかね、白号もあるし、2年後には赤号も手元に来る予定なのに…笑
おまけに、このテンサンもケージ入り2乗&A/Cパワステ無し。
ある意味?白号よりも街乗りには向かない

けども、初めて所有するS1ボディのデザインにヤラれてます。
この子も死ぬまで手放せそうにないな。
スポンサーサイト

さらば

留年というわけで、106とお別れしてきました。
あ、けど、売ってませんよ。
106手放すくらいなら、中退するか自害しますw

来年の秋くらいに迎えに行けるよう、単位取得と就活に励みます!

もう誰も見てないな、ココw

PC150278.jpg
紆余曲折ありまして、2代目106が手元にやって参りました。
2人乗り、エアコン無しの超絶スパルタン仕様。
室内はGr.A用のロールケージが張り巡らしてあるので、転んでも安心ですw

しっかし、早くヒーター付けたいなー
この時期のヒーター無しはさすがに辛い。


話ぶっ飛びますが、最近ベルがやたらめったら忙しいです。
毎週末どこかで演奏してる状況。。。
楽しいんだけど、やっぱハイベル苦手…
なんか、メロディとかで上手く曲に入れないんだよなー
悔しい。

これからも暇を見つけてこっちのブログも更新しまーす。

悩み

1066end.jpg

貯めてきたお金、どーしよ。
プジョスポGr.Nエキゾーストを目指して貯金してきましたが、よくよく考えるとキャタ無しで普段使いはやはり厳しいだろう…と。
それ以前に、キャタ無しは公道×ですからね。
もちろん、スポーツキャタライザー付きのセンターセクションを購入すれば問題無いんですが、そんなお金ありません(汗)
センターだけで300ポンドなので、バックボックスと合わせると、450ポンド+送料…

排気系にそんなにお金掛ける前に、他にやるべきことがあるので、プジョスポは何年後かの楽しみにしておきます。
106 Saxo Engine Mount Kit-Late Models

で、冷静に現状を見つめると、E/Gマウントがかなりヤバ目なので、ここから手を付けようかと。
最近106乗りの間で評判の良い、ヴィブラテクニクスのマウントが第一候補ですが、国内で3点セットを買うと軽く3万オーバーなので、買うなら個人輸入かな~
輸入すれば円高の恩恵もあって、送料入れても2万で収まりそう。
500x346-kam-racing-crank-pulley-kit-peugeot-106-gti.jpg

他にも、クランクプーリーも早い内に換えたいです。
どうせ換えるなら軽量品にしたいと思っているので、こっちも色々と調べてます。
みんカラで一時期流行(?)したGMCのアルミプーリーは、安いのはいいんですが、径が大きくなってオルタへの負担が増えそうなのでちょっと怖い…
J.ENGINEが出しているプーリーなら問題ないんでしょうが、いくらなんでも高すぎ。
で、辿り着いた結論が、「KAM Racing Alloy Crank Pulley Kit」
これなら値段も手頃で、かつ径を小さくしてあるので、高回転時のオルタへの負担低減も狙えそうです。
しかも、オルタ側のプーリーも付属するので、発電不足なんて事態も起こらなくて済みそう。
ただ、このキットはA/C無しの個体向けなので、狙い通りに行くかは甚だ疑問ですが…(汗)

という訳で、プジョスポは後回しにして、マウント&クランクプーリーにターゲットを絞って貯金再開です。


…その前に勉強ですね(笑)

Peugeot 106 購入記 その2

前回からかなり間が空きましたが…
気にしないで下さいw

その後も106にずーっと憧れながら生活をしていたのですが、高1の春にちょっとした出来事がありました。
当時我が家には車がアルテッツァ1台しかなく、ちょっと不便な状況でした。
そこで父がもう1台何か買おうかな。と言い出したのです。
これはチャンス!と思い、106を猛烈にプッシュ(笑)
父もそれ系の車が好きなので、話は一気に進み106を狙う事に!
106以外にもAE111やSW20と言った候補がありましたが何故か父の中でも106が勝利したようです。

最初に見に行った106はS16でなく、テンサンラリーでした。
各務ヶ原のお店に格安で置いてあるというのをネットで発見し、一家揃って見に行くことに。
お店に着いてみると、そこには大好きなラテン車がいっぱい!
ワクワクしながらお店の方にテンサンを見に来ました、と伝えるとちょっと待ってくださいとお店の外へ…
数分後、ヤードから真っ白のテンサンラリーがやって来ました。
実は、実物のテンサンを見るのはこれが始めてで凄く新鮮な感じがし、全体的に軽快なイメージを持ちました。

車両についての説明を受けながら現車確認をしているとお店の方から気になる一言が。
「この車両、修復暦あって、その時の修理がマズかったみたいなんですよ」
どういうことかと思い、示されているテールゲートの付け根を見ると…
なんと、盛大に錆びています(汗)
少しの錆なら食い止められるんですが、ここまで進行していると対処にもかなりの金額が必要とのこと。
長く所有することを考え、テンサンは見送ることになりました…
ちなみに、この時お伺いしたお店はレッドポイントという名前で、ラテン車ショップとして全国的に名を知られているということを後になって知りました。
そしてその時の縁からか、レッドポイントとのお付き合いは今も続いています。

その後もS16を中心に何台も見て回りましたが、グッとくる個体とは巡り合えずにいました。
そんなある日、何時ものようにヤフオクの106をチェックしていると、真っ赤な106が目に入りました。
「真っ赤って珍しいな」と思いクリックしてみると、かなり良さそうな個体で、低走行かつボディの状態もとても良さそうです。
場所が東京の多摩地域とのことでかなりの遠方でしたが、父の実家への帰省も兼ねて現車確認に行く事に。
期待に胸を膨らませ、実車を見に行くと、オークションで見たとおりのピカピカの106でした。
実車を見た瞬間、父の頭は「買い」モードに入ったみたいで、試乗後、ニコニコ顔で売買成立!
値段もかなりお買い得で、納得の取引でした。
P8120005.jpg

そして1週間後の2007年8/11、我が家にプジョー106セリースペシャル シリアルNo.21がやって来ました。
憧れの106がとうとう我が家に…!
当時は嬉しくて仕方がありませんでした。

その後その真っ赤な106はお約束のセンサー系トラブルを起こし、父がめげかけてしまいましたが、レッドポイントで徹底的にトラブルシュートを行い無事快調に。
07.9月22日RED POINT (3)

数ヵ月後には初めて106のオフ会に参加し、106のお友達も一気に増え、父はより一層106の虜に(笑) 勢いそのままに106でレースも再開しちゃいましたし。
07年 106Day 東海版


そんな感じで106ライフを父と共に楽しんでいると、自分の運転免許取得が現実的な歳になってきました。
そして初めての自分の車を探している時に運命的な出会いが…

part3に続く

プロフィール

wing408

Author:wing408
Age:24
Birth:1991.10/22
Hobby: Hand Bell
    Car
    Music
大学で自動車部とベルのサークルを生き甲斐としているダメ人間です。
放置期間が長すぎましたが、そろそろマメに更新して行きます。
無事に留年決定。見事5年生です。


5年で中退して専門に入りなおすというウルトラCキメました。
が、17年春から、3年遅れで社会人になることが決まりました。

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。